年齢と共にアイメイクのこだわりが変わってきた

20代の頃はとにかく目力命でしたので、たっぷりとマスカラを塗ってとにかく、まつ毛を出来るだけ長く濃くする事に力を入れてきました。ですが、そんな私も年々アイメイクへのこだわりが変わってきました。

昔はあんなにまつ毛命でしたが、元々の自まつ毛を生かして自然なアイメクを心掛ける様になりました。と言うのも、これまでのマスカラの塗り過ぎが原因なのか、まつ毛がポロポロ抜けやすくなりまつ毛美容液でケアしていたのです。そしたら自まつ毛が濃く長くなってきたので、マスカラを頑張る必要が無くなりました。

代わりに、アイシャドウに力を入れる様になりました。力を入れると言っても、昔の様なしっかりとしたグラデメイクではなくて、あくまでも自然な形でアイシャドウを入れる様にしています。自然と言っても手抜きはしませんが、肌馴染みの良いベージュやブラウン系のアイシャドウを薄く重ねていき、自然な陰影を付ける様にしています。

昔は多色パレット使いでしたが、今では単色で付ける事が増えました。

カテゴリー: アイメイク パーマリンク